11・19 9条平和小杉の会 第14回 『 愛と平和市民塾 』

e0137667_1115488.gif~ 憲法前文のこころ ~
     講 師 : 彼谷 環 (かや・たまき) さん

                             ( 富山国際大学・憲法学 )


          日時   : 2011年11月19日(土)
                     午後 2時 ~ 4時
          会場   : 小杉文化ホールラポール 
                     1階 研修室2

          参加費  :  200円 ( 資料代、会場費として )


    「 日本国民は、正当に選挙された国会における
      代表者を通じて行動し……」 で始まる日本国憲法前文。 
    国民主権、人権の尊重、平和主義の三大原則も、
    前文は格調高く謳い上げています。
    しかし、東日本大震災と福島原発事故で、
    多くの人々が家族や財産を失い、生命の危険に脅かされている一方で、
    被災地の恢復に真っ先に取り組まねばならない国会の代表者たちは、
    永田町の政変に踊らされるばかりです。
    今回は、日本国憲法の成立史にも触れながら、
    今を生きる私たちが、前文から何を学び、どう活かすべきか、
    考えていきたいと思います。
e0137667_11161660.gif

[PR]
by 9jokosugi | 2011-09-28 11:17 | 9条小杉の会


<< 12・8 「 赤紙配り 」  11・3 講演 「 平和と科学 」 >>