6/11 水島朝穂さん講演会で共謀罪の問題も

 直前のお知らせです。
 これまでも案内していますが、
  早大法学学術院教授・水島朝穂さんの講演会が
 6月11日(日)午後2時から、
 射水市の旧小杉町文化ホール・ラポールで開きます。

 
いま国会で 審議中の共謀罪にも 触れます。

  「危ない日本の憲法診断ー施行70年の節目に」 がタイトルです。

 アベ首相は、
 5月3日の憲法70年記念日に、9条1,2項をそのままに、
 3項を新設して自衛隊を位置付けると言い放ちました。

 これで、自民党内をまとめ、公明・維新を巻き込んで、
 しゃぬむに改憲の道を進もうというのです。
 
 戦争を放棄し武力行使をしない条項を温存させて、
 自衛隊を位置づけるというのは、
 安保法制を憲法内に滑り込ませようとの意図が見え見えです。
 支離滅裂の論理ですが、国民の支持を得られると踏んだのでしょうか。

 自民党内の改憲体制をつくり上げ、
 総がかりで、攻勢をかけてくるでしょうから、
 しっかりと反撃体制を組まないと、
 あれよあれよと持っていかれそうです。

 国民投票があるからと言っても、制度に欠陥もあり、
 北朝鮮や中国の動きを煽りに煽って、
 善良な市民をかどわかしつつある現状を踏まえると、
 安閑とはしていられません。

 国民世論が、いつの間にか変わってしまう、ということもあり得ます。

  この講演会をきっかけに、
 県内での幅広い反対の声を一層大きくして
 平和憲法9条を守っていきましょう。
 憲法を暮らしに生かしてきましょう。

 大勢の方々に参加していただきますように
 お待ちしております。

e0137667_115440.jpge0137667_1154442.png









[PR]
by 9jokosugi | 2017-06-06 22:45 | 9条小杉の会


<< 6/9 共謀罪反対行動のお知らせ 6/11 水島朝穂さん講演会に... >>